5月号KY保健便り

紫外線対策   やっほ~☆外で過ごすのが心地よい季節になりました☆ お天気がいい日の、山や海は最高~☆まさにリラクゼーション・スタイルの季節ですね☆ ところが、紫外線は5月頃から増え始め、 一日の中では朝10時~お昼2時頃がピーク。一年の中では夏至前後がピークです。  紫外線は、シミ・ソバカスの原因を作るだけではなく、シワを作り、老化を早め、目にもダメージを与えたりします☆  ☆紫外線って何?☆  紫外線の中でも、私達の体や皮膚に影響を及ぼすのは、紫外線A波(UVA)と、紫外線B波(UVB)。  特に紫外線A波(生活紫外線ともいう)は、日焼けを起こす力は小さいのですが、 日常生活の中で浴び続けているうちに、少しずつ蓄積されていきます。 しかも、波長が長いために、 皮膚の奥まで入り込み、強烈なダメージを与える破壊力!!ひぇ~! シミ・ソバカス・シワの原因にもなり、更にガラスごしにも肌まで届き、 曇りの日だって容赦なく降り注いでいます。怖い!怖い!  紫外線B波(レジャー紫外線ともいう)は、沢山浴びると肌が真っ赤になります。  この、海や山で 日に焼けて真っ黒という 状態は、紫外線B波によるもの。  ☆日焼け止めの表示の見方☆ ① 『PA』・・・紫外線A波(生活紫外線)の防御力を示し「+」3段階で表示。  PA+ =効果がある  PA++ =かなり効果有り  PA+++ =非常に効果あり ② 『SPF』・・・紫外線B波(レジャー紫外線)の防御力を表す数値。  レジャーで日焼けする標準時間は20~25分。 例えば『SPF20』の日焼け止めを塗れば、20分×20倍=400分(約6時間半)赤くなるのを防ぎます。  ☆紫外線対策☆  日焼け止めの『PA』や『SPF』の数値が高いほどいいの?答えはノー! ポイントは、日焼け止めは使い分けるのがコツ! ①日常生活の紫外線対策なら、『PA+』か『SPF10~20』で十分。 ②外で軽いスポーツ・レジャーの時なら、『PA++』か『SPF20~30』 ③海・山・炎天下でのレジャーなら、『PA+++』か『SPF50』が目安。 必要以上の日焼け止めクリームを塗る必要はないのです☆ 肌が荒れたりする可能性もあるしね。汗をかいた後はこまめに塗り直し ましょう。
サブコンテンツ

内閣総理大臣認可・全日本ダンス協会連合会認定

このページの先頭へ