9月号 KY保健便り(残暑の疲れを解消)

☆1日2回の入浴術☆ 岸和田 だんじり祭りも済み いよいよ秋・・・ というより 残暑の疲れが出てくる頃では? そうそう、この時期、つまり、夏から夏の終わりにかけては、 「体がだるい」「疲れが取れにくい」などの 症状が出てくる季節なんですよ~。 暑かったり 肌寒かったりと 温度調節が難しく だるさが倍増! これは 自律神経の乱れが 大きな原因とか。      そこで お風呂場で 自立神経を 調節しましょう☆     お勧めは お風呂(湯船)。 夜、湯船に ゆっくり入ることで、 副交感神経が働いて、リラックスした状態に☆     そうする事で ぐっすり眠ることができ、疲れも解消することができます。 次に 朝起きたら シャワーを浴びて  交感神経を 働かせるようにしましょう。 頭もすっきりしますよ~(^^) 朝は シャワー、夜は お風呂(湯船)と  リズムをつけることが大切! 乱れがちな 自律神経のバランスを 整えることができます☆                  ダンススクールKY保健部より
サブコンテンツ

内閣総理大臣認可・全日本ダンス協会連合会認定

このページの先頭へ