ターンアウトを極める

turnout.jpg ターンアウトって ご存じでしょうか? そうそう ラテンでいう あのターンアウトです。 ルンバや チャチャチャで (社交ダンスの場合は 足先が 外に開いた状態)です。 さて 社交ダンスの場合での ターンアウトは  単純に 太ももから 脚を 外旋させたらいいのですが 脚を より高く 綺麗なラインを 出したければ  太ももではなく 股関節から 脚を 外旋しなければいけません。 完璧に 外旋した脚の場合、 通常 上を向いている膝が下を向き 脚裏が 天井を向いている状態。 (こ、これは きつい!)       更にですね~ 使っている筋肉も 太ももの筋肉から  お腹の中の大腰筋に チェンジした状態です。 さぁ こうなると 脚は いくらでも 高く 高く 上がります。 (そうそう、まるで バレエのよう) 写真は 一応 股関節から ターンアウトしている状態です。 (あまり 綺麗ではないけど でも この位置も かなり きつい)        さて 一体 どうやったら 綺麗な ターンアウトに なるのだろう・・・ 初級クラスの方には 難題ですよね。 焦りは禁物ですが つま先で ターンアウト という イメージではなく 太ももより 更に上の 脚の付け根、 股関節あたりから ターンアウトするイメージを もってみましょう。 足でラインを 作っているときや 足先ポイントをしているときは、 親指・小指・かかとの 3点に 意識を持ってみると かなり安定しますよ☆ ゆっくり ゆっくり 焦らず 焦らず ですね ☆
サブコンテンツ

内閣総理大臣認可・全日本ダンス協会連合会認定

このページの先頭へ