社交ダンスでビシッと髪型をきめるコツ

ポイントは ドライヤーの使い方です。 まずは 温風(スイッチのHOT)で整髪(セット)したあとに 今度は 冷風をあてましょう。 こうする事より 整髪しやすく、整髪が長持ちします。 通常 温風で髪の毛を柔らかくしながら 大まかな流れを作りますが、 これだけではビシッといかないもの。 ところが この時 ブラシで形を作って 根元などに数秒冷風をあてると、 髪の毛が引き締まりしっかり固定されます。 社交ダンス競技会、社交ダンスパーティに限らず 普段のセットにも応用できますよ☆
サブコンテンツ

内閣総理大臣認可・全日本ダンス協会連合会認定

このページの先頭へ